[非公開求人の求人詳細]

非公開求人

プロセス・分析エンジニア(eDiscovery)

会社概要
独自開発した人工知能「KIBIT(キビット)」は、個人の経験や知恵・感覚を理解しデータ解析を行うという卓越した能力を備えています。これは分野を越えた事業的可能性を持っており、FRONTEOは、このKIBITを活用してリーガル事業の拡大と新規事業(ヘルスケア、ビジネスインテリジェンス、マーケティング)の収益化を推し進めていきます。 ■リーガル事業 3年後には売上高200億円以上、営業利益率20%以上を目標としています! 2014年から2015年にかけて、主力市場の米国で2社のディスカバリ支援企業を買収しました。これら米国子会社の事業を統合することで、営業体制を刷新し、更なる効率化とサービス品質の向上を図ります。 ・ディスカバリ支援事業 ディスカバリ(Discovery)は、被告・原告の双方が証拠を開示する米国訴訟独特の制度です。 アジアにおけるディスカバリ総合支援企業のパイオニアとして、日本のリーディングカンパニーの案件を数多く手がけ、その実績は926件を超えています(2016年2月現在)。 ・フォレンジック調査事業 フォレンジック(Forensics)は、犯罪捜査において「科学鑑定」という意味で用いられる言葉です。FRONTEOは、近年国内で続発している企業内情報漏えいや不正会計などのインシデントに対して不正行為を調査することで、多くの企業の危機対応をサポートします。企業、法執行機関の調査・検証をはじめとしたフォレンジック調査サービスでは、延べ1,000件以上の対応実績があります。 ■ヘルスケア事業 医療データ解析ソリューションに特化した子会社FRONTEOヘルスケアでは、KIBITを活用し医師や看護師の判断を支援する、先進的な製品・ソリューションの開発に取り組んでいます。(以下は、事例を一部抜粋) ・転倒・転落予測システム 入院患者の院内での転倒・転落を予防するためのシステム「転倒・転落予測システム」は、2017年3月期前半に開発パートナーであるNTT東日本関東病院と実証実験を開始する予定です。その後、NTT東日本関東病院での実用化を経て、別の医療機関に向けても提供開始する予定です。 ・医療機器用のソフトウェア開発 AMED(国立研究開発法人日本医療研究開発機構)の公募事業に選定され、精神疾患を患う患者の重症度を判別する医療機器用のソフトウェアの開発に取り組んでいます。4年がかりのプロジェクトが想定されていますが、2017年3月期の後半にはプロトタイプが完成します。実際の患者データの解析を継続しアルゴリズムのブラッシュアップに努めます。 ■デジタルマーケティング事業 当社グループで初めてBtoCサービスを提供する子会社FRONTEOコミュニケーションズでは、KIBITを活用したロボット事業やデジタルキュレーションサービスを展開しています。FRONTEOコミュニケーションズは、人間がより良いコミュニケーションを生み出すための、判断や行動をサポートします。 ・学んで答える、小さなロボット。Kibiro(キビロ) たとえば、観光地の案内所や飲食店、図書館などで、自分だけに合ったものをKibiroがピックアップして紹介してくれたらどうでしょうか。近年情報量の爆発的な増大が原因で、人がそれぞれに最適な情報を選ぶことが困難になっています。 FRONTEOは、人工知能ロボットKibiro(キビロ)を通じて、そのような悩みの解決をサポートします。 ・デジタルキュレーションサービス(人工知能が実現する理想のマッチング) インターネット上の口コミサイトやECサイトで誰もが参考にするユーザーコメントを代わりに読んで、一人ひとりの好みに合った情報を提供します。これまでの評価点数や購買・行動パターンを対象とした解析では実現できなかった高精度なオススメを、人間の趣味嗜好を理解することでジャンルを横断して実現します。 ■ビジネスインテリジェンス事業 KIBITを活用したEmail監査、特許調査、VOC(お客様の声)分析などに対するソリューションを通して、業務効率化から経営判断までを支援する事業です。新規事業分野では実用化が最も早かった事業で、Lit i Viewをプラットフォームにした以下の製品を多くのお客様にご活用いただいています。 ・Lit i View EMAIL AUDITOR 電子メール自動監査システムです。情報漏洩や人材流出を防止する目的で、製造業をはじめとする国内外の導入先で好評を得ています。 ・Lit i View AI助太刀侍(スケダチサムライ) ビジネスデータ分析支援システムです。営業支援やVOC分析を目的とし、金融機関をはじめとする大手企業を中心に、導入されています。 ・Lit i View PATENT EXPLORER 特許調査・分析システムです。特許調査・分析を効率化することで、企業の知財戦略立案を支援します。製造業をはじめとする大手企業を中心に導入されています。
業務内容
■具体的な業務内容 法律事務所や企業の法務部等のお客さまからご依頼を受け、対象となるコンピュータ等の電子記録媒体の証拠を収集し、FRONTEO社内で開発されたプロセス/レビューツール『Lit i View』を主に使用して、データの解析を行っていただきます。 また、解析結果をもとに、お客様と連携を取りながら、裁判所などに米国訴訟証拠開示手続きに準拠した証拠データを提出する業務に携わっていただきます。 <作業の流れ> ①電子データの証拠保全(証拠データ収集) ②データプロセス(証拠データ抽出&分析) ③データ閲覧(証拠データ精査) ④プロダクション(証拠データ提出物作成) ■ポジションの魅力 日本全国に拠点をもつ各企業さまと、直接の業務接点を持つことも多く、必要に応じ、日本各地を飛び回る活躍も期待されます。 更には、米国のみならず、アジア各国所在の関係会社との連携も必須となる場合が多く、Globalにも活躍いただくチャンスも非常に多い職務環境にあると言えます。 また、今後人工知能を積極的に使ったサポートを実施していくので、最先端の技術に触れることもできます。
応募資格

専門・4大卒上 ・IT業界、IT部門の経験者 ・顧客折衝経験 ・チームワーク力/コミュニケーション能力 ■歓迎要件 ・情報システム部門関連の対応経験 ・英語を使った海外との業務経験 ・以下項目での構築/サポート経験 ・VmwareESXi、Windows/linuxサーバー、RDBMS(SQL文作成)、Citrix 以下資格をお持ちの方 ・ITパスポート ・基本情報処理 ・情報セキュリティスペシャリスト ・LPIC、CCNA、CISSP、CFE、ACE、EnCE

・日本語:ネイティブ ・英語:日常会話 ・その他言語:不問

給与

年俸:500万円~800万円

福利厚生/待遇
・退職金制度 ・社員持株会制度
勤務時間
09:00 ~18:00
休日休暇
週休2日制(土日)及び祝日: ・夏季休暇  ・年末年始 ・慶弔休暇 ・有給休暇:入社時に10日付与(最高20日/年) 有給休暇 、夏季休暇 、年末年始休暇 、慶弔休暇
勤務地
東京都
東京(品川本社)

その他研究・開発(IT・インターネット・通信)の求人